薬剤師は売り手市場だが・・・

薬剤師は、現在人材市場で売り手市場といわれるほど薬剤師不足となっています。また、薬剤師の平均年収や再就職などの有利さから別業種からの転職を考える人も多いでしょう。では、別業種からの転職するにはどの様な方法があるのでしょうか。

薬剤師になる為には以下の道が考えられます。その道とは、大学で6年間の薬剤師養成課程を修了し薬剤師の試験を受ける道と、大学で4年間の薬学課程を修了した後に受験資格を得られる一部の大学院に入学し薬剤師の試験を受ける道です(2017年度まで)。

いずれにせよ、薬剤師の試験を受ける為には、大学または大学院を通し薬学を6年前後学びそれを修了しておく必要があるのです。また、薬剤師に関しては短大や専門学校がないので、社会人から新たに薬剤師に転職する場合には現在の仕事を辞めざるをえず、十分な貯蓄などが無い場合アルバイトなどをして生計を立てる必要があるでしょう。

その上、薬学部では実験が多く夜間や通信制の教育を行う事はありません。ですから、社会人から薬剤師を目指す人は、この様な現状を十分に検討した上で選択をしなければならないでしょう。

ただ、過去に4年制大学を修了している場合、たとえそれが薬学部でなくても社会人編入学試験に受かることが出来れば、学部への編入が3または4年次から行う事ができるので、大幅に薬剤師までの道のりを短縮する事ができます。また、社会人編入学試験では試験として化学と生物の学科試験に加え、小論文といった試験内容となっている場合が多く、社会人からみれば受験しやすい内容となっています。

ただし、社会人編入学試験は軒並み定員がかなり少なく、倍率も高い傾向にあります。加えて、たとえ社会人編入で入学が出来たとしても、講義内容がいきなり専門的なものになる事もあるので、まったく異なる学部からの編入だとついていけなくなる可能性もあります。

いずれにせよ、社会人から薬剤師になるには相当の覚悟と決意が必要になります。もし志をもって薬剤師を目指すのならば、事前に知識やお金を貯めておく方が無難かもしれません。

ページの先頭へ