デイサービスのパート看護師として働くこと

デイサービスとは、介護を必要とする人たちが昼間の決まった時間、 指定された専門の福祉施設で日常生活の世話や機能・適応訓練を受けることです。 こういったデイサービスの看護師求人はとても多く、どこの事業所も 人手不足に悩んでいますから年中募集している所も少なくないです。

ここでは、デイサービスのパート看護師として働くのはどうかを検討してみましょう。

デイサービス施設自体のスタッフで介護職の人たちは正規雇用が多いですが、 看護師はパートタイム勤務や派遣社員が目立ちます。 私は派遣社員でデイサービスを数カ所勤務をした経験がありますが、 派遣社員でしたから時給も待遇もパート看護師とは条件が違います。

パート看護師の場合は、デイサービスに直接雇用される労働契約になり 給与は職場からもらいます。一方派遣の場合は、派遣会社に雇用されています から派遣会社から給与を頂きます。

パート看護師は、派遣看護師と比較すると同じ職場で勤務をしていても 時給はとても安い水準です。デイサービスや介護老人保健施設(老健)など 福祉系の職場は一般的に時給は低い水準であるところが多いです。

デイサービスは安い施設の場合ならば時給1,000円程度のところもありますが、 大体の相場では1,200円〜1,500円ぐらいと考えて良いでしょう。 しかし、派遣看護師の場合は派遣期間が決まっていますので、 ずっと同じ職場で派遣を続けることはできません。

派遣期間が過ぎてしまったら直接雇用になるか他の職場を探すかの二者択一に なります。デイサービスの場合は、派遣看護師からパート看護師に変更する 場合には給与アップ交渉をすることによって確実に時給が上がることになります。

たとえばデイサービス施設が1,200円でパート看護師を募集していても、 派遣看護師からパート看護師に移行する場合は時給1,500円にアップする というのは頻繁に耳にします。

以上、デイサービスのパート看護師として働くのはどうかを検討してみました。 デイサービスで当面、看護師の仕事をしようと思うならば、派遣看護師から スタートしてパートに移行するパターンが賢い勤務方法です。

ページの先頭へ