女性しかなれない助産師という仕事

男女雇用機会均等法が施行され久しい昨今、世の中にはたくさんの女性たちが男性と肩を並べてバリバリ働いています。 職業の種類は山ほどありますが、女性にしかなることを許されていないものもあります。その1つが、助産師です。

助産師の仕事は女性の出産や妊娠に携わるもので、助産行為を施します。 お産のサポートをする人というイメージが強いですが、その他にも新生児の保健指導を医療行為として行うなど、さまざまな役割があります。

助産師の仕事は今始まったものではなく、以前は「助産婦」という名前で呼ばれていました。 保険師助産師看護師法が平成14年3月1日に誕生し、それまでは保険婦助産婦看護婦法でした。

当時幼かった方でも、馴染み深かった看護婦さんの名称が看護師さんになったことは、印象に残っているのではないでしょうか。 法改正により、助産師の名前も新しくなったのです。保険師助産師看護師法の他の2職業は男性もいますが、助産師だけは女性にしか資格取得の権利がありません。

出産という生命の神秘のお手伝いをするお仕事なので、あこがれを持つ女性も多いことでしょう。 助産師という職業は、どんな性格の方が向いているのでしょうか。

ひと言でいえば、「聞き上手」な方です。 出産は女性にとって人生でも大変な大仕事なので、怖いという気持ちがあって当然ですし、生まれてくる赤ちゃんが無事に誕生し育ってくれるか、不安や心配がついて回ります。

どんなことに不安を感じているか相談しやすいと、妊婦さんは大変助かります。 気配りがよく行き届き、相談しやすい雰囲気を持っている人が周りにいると、悩みを一人で抱え込まずにすみますよね。 助産師は、相手の話にしっかり耳を傾けられる、聞き上手なことが大切なのです。

近年は少子化が進んでおり、一人っ子が増えました。 ということは、初産の妊婦さんがたくさんいるということです。 初めての出産を控えた新米ママにこそ、経験と専門知識のあるよき相談相手の助産師が必要なのです。

ページの先頭へ