コミュニケーションスキルは必須ですよ

治験コーディネーター(CRC) >

治験コーディネーターってどんな人が向いてる?

治験コーディネーターは医師や医療関係者、 製薬会社のモニター、患者さんなど様々な人と 接する機会が多いためやはりコミュニケーション能力が 高い人が仕事には向いています。

誠実で明るくて、患者さんの相談相手となることも多いですし、 治験はチームで行いますのでチームを調和させることも しなくてはいけませんので粘り強い人が最適ですね。 また、事務作業も多くこなしていかなくてはなりませんので基本的なPC操作が出来る人で無ければまず無理でしょう。
パート薬剤師の場合、保険ってどうなるの?

そして、このお仕事はいわゆる医療系のお仕事ですので、 資格は特に不要ですが、幅広い医療の知識が 無くてはとても現場で活躍することができません。 医師と専門的な会話が出来なければ仕事はできませんし、 きちんと薬事関連の法律などを理解していた方が良いです。

あとは治験の手順をちゃんと把握していること、 治験実施計画書を理解できること、 もしものときなどで適切な判断ができる力など 治験コーディネーターには様々な能力が求められています。

医学、薬学、そして法などの知識は必要となってきます。 持っていると役に立つ資格は看護師の資格、 薬剤師、臨床検査技師の資格です。 特に臨床経験か看護師の実務経験があると尚良いでしょう。

因みに治験コーディネーターとしては働く場合、 2つのパターンがあります。

まずSMOのCRCとして所属し、 各医療機関へ派遣されるパターンと、 医療機関へ先ほど挙げた看護師、薬剤師、臨床検査技師などとして働き CRCの業務を行う院内CRCのパターンがあります。 常に勉強をし、知識を得ることは必要であり、 レベルアップをしていかなくてはなりませんので、 いくつかの団体で行っているCRC公認試験などを 受けていく必要があります。

ですので知識を得ることや勉強をすることが 苦手な人はあまり向いていないと思われます。 以上のことから、治験コーディネーターは医療の知識があり 尚且コミュニケーション能力の高い人が向いているということなのです。

医療系の資格をとれば自然とそのような能力は ついてくるとおもいますので、 治験コーディネーターを目指している人は 一度他の資格の勉強をするというのもいいかもしれません。
香川県薬剤師会

パート薬剤師~転職活動は「転職理由」が第一歩~

転職活動をはじめる際、まずするべき事は「求人選び」ではありません。「もっと稼ぎたい」「人間関係に疲れた」「単調な業務内容に飽きてしまった」など、転職活動をはじめた薬剤師の方々には、それぞれの事情から生まれた「転職理由」があるはずです。

「現在の職場をなぜ辞めたいと思ったのか?」この理由を決める事が第一段階だと言えるでしょう。 実はこの「転職理由」こそが、転職活動の初歩的な落とし穴になってしまう可能性があるのです。 「転職理由」を確固たる物にしておく理由は二つあります。

一つ目は転職先に望む「希望条件」を絞る際、多くの場合は「転職理由」が元となるという事があげられます。 「もっと稼ぎたい」と思ったのであれば「収入アップ」を目指した転職活動になりますし、 「人間関係」や「業務内容」への不満であれば職場の環境を基準とした転職活動になるはずです。 「転職理由」を決める事で、その後の転職活動のベクトルを定める事が出来るのです。

また、非常に重要な二つ目の理由は「面接対策」としての必要性です。 ほとんどの場合、この「転職理由」についてが面接で問われるでしょう。 そのとき「もっと稼ぎたかった」や「人間関係が良くなかった」、 または「仕事に飽きてしまった」という理由では面接官にどのような印象を与えるのかは想像に容易いはずです。

だからといって、なにも嘘をつく必要はありません。つまりあなたの印象をダウンさせないような言い回しを考えておく事が重要なのです。

「もっと稼ぎたい」という理由であれば「正当に実績を評価してくれる職場で働きたい」と言い換える事ができるでしょうし、また「人間関係が良くなかった」のであれば「周囲との連携を大切にできる働き方がしたい」とも言えるでしょう。

職場への悪口になってしまわない様に、「あなたが望んでいる事」をうまく伝える事がポイントです。「転職理由」をプラスな言い回しにしておく事で、あなたの転職活動自体も明るく意味のある物に出来るのではないでしょうか。

製薬会社に就職する前に知っておきたい基礎知識

新卒の薬剤師がまずは目指したいのが製薬会社でしょう。アンケートの結果を見ても断トツで1位です。 ここでは、製薬会社に就職する前に知っておきたい基礎知識をご紹介しておきましょう。

まずは初任給のことです。一般的な薬剤師と比較すると初任給は高くないです。けれども一部上場会社にはいった場合は顕著ですが年収の伸び率が半端なく高いです。金銭面で見た場合、製薬会社は調剤薬局や病院で勤務する薬剤師よりもボーナスが相当高いです。

製薬会社によっては別途薬剤師手当がつくところもあります。けれども手当額は調剤薬局に勤務する薬剤師よりは少ないです。製薬会社に長年仕事をしていれば「海外勤務」や「単身赴任」を余儀なくされる局面は出てきやすくなるデメリットがあります。

製薬会社で特徴的なのは営業部門の手当額が内勤よりも多いことです。 生涯賃金でみれば(特に問題なく昇進すればという条件付きですが)調剤薬局・病院・ドラッグストア勤務よりも最も稼げるでしょう。

しかし前述したように全国展開しており海外にも進出しておれば「海外勤務」や「転勤」は覚悟しなければなりません。当然その分のコストが増えてしまいます。具体的な年収金額では会社のランクや個人の評価によっても違いますが40歳前後ならば年収1000万円というケースもあります。

実際に入社したり転職したりするときは、こういった部分もキチンと調べることが大切です。 製薬会社に途中入社するのはとても難しいでしょう。 薬剤師としてのスキルや経験がなければ話になりません。 製薬会社に途中入社するならば営業部門のMRとしてリスタートするのも一つの選択肢です。

営業職はノルマがあることや得意先との折衝がついてまわります。 とりわけ転職する場合には、できるだけ多くの情報が欲しいです。 製薬会社にはいろいろなセクションがあるので薬剤師専門の求人サイトに相談して専任コンサルタントにアドバイスを貰うといいでしょう。 生きた情報をたくさん持っているので転職活動には頼りになるパートナーになってくれます。