コミュニケーションスキルは必須ですよ

治験コーディネーター(CRC) >

治験コーディネーターってどんな人が向いてる?

治験コーディネーターは医師や医療関係者、 製薬会社のモニター、患者さんなど様々な人と 接する機会が多いためやはりコミュニケーション能力が 高い人が仕事には向いています。

誠実で明るくて、患者さんの相談相手となることも多いですし、 治験はチームで行いますのでチームを調和させることも しなくてはいけませんので粘り強い人が最適ですね。 また、事務作業も多くこなしていかなくてはなりませんので基本的なPC操作が出来る人で無ければまず無理でしょう。
パート薬剤師の場合、保険ってどうなるの?

そして、このお仕事はいわゆる医療系のお仕事ですので、 資格は特に不要ですが、幅広い医療の知識が 無くてはとても現場で活躍することができません。 医師と専門的な会話が出来なければ仕事はできませんし、 きちんと薬事関連の法律などを理解していた方が良いです。

あとは治験の手順をちゃんと把握していること、 治験実施計画書を理解できること、 もしものときなどで適切な判断ができる力など 治験コーディネーターには様々な能力が求められています。

医学、薬学、そして法などの知識は必要となってきます。 持っていると役に立つ資格は看護師の資格、 薬剤師、臨床検査技師の資格です。 特に臨床経験か看護師の実務経験があると尚良いでしょう。

因みに治験コーディネーターとしては働く場合、 2つのパターンがあります。

まずSMOのCRCとして所属し、 各医療機関へ派遣されるパターンと、 医療機関へ先ほど挙げた看護師、薬剤師、臨床検査技師などとして働き CRCの業務を行う院内CRCのパターンがあります。 常に勉強をし、知識を得ることは必要であり、 レベルアップをしていかなくてはなりませんので、 いくつかの団体で行っているCRC公認試験などを 受けていく必要があります。

ですので知識を得ることや勉強をすることが 苦手な人はあまり向いていないと思われます。 以上のことから、治験コーディネーターは医療の知識があり 尚且コミュニケーション能力の高い人が向いているということなのです。

医療系の資格をとれば自然とそのような能力は ついてくるとおもいますので、 治験コーディネーターを目指している人は 一度他の資格の勉強をするというのもいいかもしれません。
香川県薬剤師会